FF14の日記 「えみりよでした。」

トップページ

 

△top

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

セレブなお宅のお嬢さま。(後編) 

 


※なるべくネタバレしないようにしてますが、今回はBOSSの顔とかダンジョンの一部が出ちゃうので、
「まだハウケタ御用邸クリアしてないやw」という人はぜひ、クリアしてからみてくださいねー(´▽`)



――前回の『えみりおの冒険』おさらい♪――

oyasikire (7)

はい♪どーもどーも「ひかぬ こびぬ かえりみぬ。」エミリオですー(=゚ω゚)ノ

ということで前回、俺の野生の勘が『とーさん妖気を感じます!』的な危険を訴えていた訳ですが・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

oyasikire (8)

可愛らしいミコッテ詩人さんと一緒に行けるという事が分かってテンションはMAXです(*´ω`*)


oyasikire (9)

その後、タンクさんも到着したので、さっそく『セレブのお宅体験ツアー』スタート♪


oyasikire (6)

道中は地元の方と交流したり・・・


oyasikire (1)

楽器にも造詣が深い一面を垣間見せちゃったり・・・


oyasikire (10)

紳士的な振る舞いで女子のハートを鷲掴んじゃったりした訳ですが・・・


oyasikire (11)

意外とすんなり『おじょーさまのお部屋』前にとーちゃく♪ヽ(^。^)ノ



まあ、アレだねw

意味不明な植木とか、「どよーん」とした空気に飲まれちゃったけど、
嫌な予感はエミリオさんの素敵な勘違いだったようだねっ♪(´ε` )


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


おじょーさまの寝室前、現在――――。




エミリオみなさん、ちょっとよろしいですか?(。-`ω-)」





エミリオ「本当に倒す事だけが唯一の解決方法なのでしょうか?(´_ゝ`)」

一同「・・・(;^ω^)?」



oyasikire (19)

エミリオ「僕は善意の力を信じたい。出来れば今回も説得で解決したいんです!(。-`ω-)」

ミコッテさん「・・・モンクさん♪」

ララ学者さん「・・・うーん?(´・ω・`)」


oyasikire (18)

エミリオ「まだ人間の心が残ってるかも知れない。僕はその可能性にかけてみたいんですッ!(;´Д`)」

ララ学者さん「なるほどー。確かに今回の一件は、彼女も被害者の一人と言えるわけだし・・・(´・ω・`)」


oyasikire (22)

という訳で、まずはエミリオさん一人で説得を試みる事になりやしたっ♪(OvO)


・・・ふふ。我ながら完璧だな♪


これで後はおじょーさまを口説くだけヨー!?(´艸`*)ww



oyasikire (20)

ミコッテさん「・・・モンクさん、本当に一人で大丈夫?;」

エミリオ任せてください!10分で説得してみせます(*´ω`*)」




ーーーーーーーそんなこんなで、『BOSS戦(説得)』スタート♪ーーーーーーーーーーー




"01:00"
oyasikire (12)

エミリオ 「聞いてくれ!!俺は貴方を救う為』に来たんだッ!!(;´Д`)」

おじょーさま「・・・・。」



"02:00"
oyasikire (13)

エミリオ 「必ず戻してみせるッ!の力でッ!!(*´Д`)」

おじょーさま「・・・・!!」



"03:00"
oyasikire (14)

エミリオ 「愛の為に死ぬなら、我が生涯に一片の悔いなし!どーん♪みたいな(*´▽`*)」

おじょーさま「・・・・;」




ーーーーーーーーーースタートから8分経過ー♪(=゚ω゚)ノーーーーーーーーーーー




"08:30"
oyasikire (17)

エミリオ 「一緒に外に出よ?俺はみんなに知らせたい!こんなに綺麗な人がいるんだよ♪って(*´ω`*)」

おじょーさま「・・・・(〃ω〃)」



"09:30"
oyasikire (15)

エミリオ 「もちろん、今のままでも可愛いよ?ちょっと目が◯ッちゃってるけども(OvO)

おじょーさま「・・・・ (#゚,_ゝ゚)ピキ



"09:40"
oyasikire (16)

エミリオ 「ちょまって、今のなし!おちつこ?いったん落ち着こ?(゚д゚lll)

おじょーさま「・・・・。(#`-_ゝ-)ピキピキ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



oyasikire (4)

 "09:57"

oyasikire (3)

 "09:59"

oyasikire (2)

 "10:00"



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



その頃、扉の向こう側――――。

oyasikire (21)

ミコッテさん「・・・ねえ、もう10分経ったよね? 助けに行った方が良くない?(-∀-`; )」

ララ学者さん「なんか今、『ドーン!』て聞こえたしね・・・( ;-`д´-)」

ララタンクさんいや、もう少しだけ待とう。彼はきっとやる男だ。」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




・・・・。






・・・・うん



oyasikire (5)

・・・そうでもなかった。(OvO)(白目



※UPするまでに、すごく時間がかかってしまいましたが、CFで初めてお会いしたにも関わらず、
快く撮影に協力してくださったPTメンバーの皆さん!本当にありがとうございましたー!(^O^)/


↓ポチッとして頂くと、ランキングが上がります♪
 いつも、応援ありがとうございます (*´ω`*)


FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ

web拍手 by FC2
スポンサーサイト

category: えみりおの冒険

thread: 新生FF14エオルゼア - janre: オンラインゲーム

tb: 0   cm: 0

△top

セレブなお宅のお嬢さま。(前編) 

 


あ、どーもどーも♪「エオルゼアのEXILE。」エミリオですー(=゚ω゚)ノ

ojyo-sama zenhan (1)

俺ってば、前回、またしても天才的な交渉技術で『シルフ族の説得』という重大な任務を
成し遂げてしまった訳ですが、今日はですね、黒衣森にある飲み屋に来ておりやす♪(´▽`)

ojyo-sama zenhan (30)

なんかですね、最近、巷を賑わせている『事件』が、どうやらあの仮面男と関係あるみたいなんだ、うん。

ojyo-sama zenhan (29)

なので、エミリオさん自ら、こうして地道な聞き取り捜査を続けておるわけです(*´ω`*)


・・・え? 全然相手の話を聞いてない?(;´∀`)

なんですって? 自分の自慢ばかりする男モテない?




・・・・。



分かってない。

君は、何も、分かっていない
(OvO)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後、グリダニャー旧市街地―――。

ojyo-sama zenhan (2)

そんなこんなで、どうやら黒衣の森にある邸宅が怪しいという事になり、執事のオッサンの話を聞くことに・・・

ojyo-sama zenhan (3)

ウルナントカ「お屋敷は名家である『ダルタンクール家』のもので・・・」

ojyo-sama zenhan (4)

ウルナントカ「お嬢様はとても美しい方でした・・・。」

ojyo-sama zenhan (9)

ウルナントカ「霊災で負われた傷を癒すために儀式を・・・」

ojyo-sama zenhan (10)

ウルナントカ「その際にメイドたちは皆、無残に◯されて・・・」

ojyo-sama zenhan (12)

ウルナントカ無力なわたくしには、どうする事も出来なかったのですッ!!(T_T)」



・・・なるほどなるほどー。

こいつはかなりヤバそうですな(。-`ω-)


ojyo-sama zenhan (15)

エミリオ「えーと。整理すると『大恩ある主人の家だけれども、みんな妖怪になってしまったので・・・』」

ojyo-sama zenhan (14)

エミリオ「『全員まとめてSATSUGAI☆してほしい』と。」

ojyo-sama zenhan (13)

エミリオ「『そのうえ、自分ではビビっちゃって何もできない』と。」

ojyo-sama zenhan (7)

エミリオ「いやーw SATSUGAI☆だなんて、おっさんもエグイ事言うよねー!(゚∀゚)ww」

ojyo-sama zenhan (8)

エミリオでさでさw これはすごい重要な事なんだけど・・・(*´ω`*)」

ojyo-sama zenhan (11)


エミリオ「『美しいお嬢さまって、どんな感じ?w すごい美人ヤバい(*´▽`*)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その日の夜。中央森林―――。

ojyo-sama zenhan (16)

というわけで、やって来ました『ハウケタさんち』♪←話聞いてない

ojyo-sama zenhan (17)

すごいよねー。セレブのお宅は門まで『自動』だもんねー(;´∀`)

ojyo-sama zenhan (18)

ほら、庭の植栽も職人とか呼んじゃってさー♪ ・・・って、おい。

ojyo-sama zenhan (19)

・・・なんだこれ。・・・『』? なにこの『無駄な造形美』(;´_ゝ`)

ojyo-sama zenhan (20)

趣味悪ぃいいいいいいいい!!!(;´Д`)

ojyo-sama zenhan (21)

ちょっとエミリオさん、『セレブの趣味』が全然、分からないんですけど?;

ojyo-sama zenhan (23)

あ”-ん? 今度はなんですか?あれは・・・

ojyo-sama zenhan (26)

何なの・・・? 『触手・・・? (;´_ゝ`)



・・・・。


ojyo-sama zenhan (25)

脳内補完

ojyo-sama zenhan (22)

・・・・『ネッシー』?? (;-`ω-)

ojyo-sama zenhan (27)

ていうか、せっかくステンドグラスとか照明とか良い感じなのに、なんでアレ付け足した?(´゚д゚`)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

30分後―――。

ojyo-sama zenhan (24)

ということで、他の冒険者さん達の到着を待っている訳ですが、とか出てきちゃったんですけど?(;-`ω-)

ojyo-sama zenhan (28)

うふふー。なんか嫌な予感しかしないんですケロー?(OvO)


『後編』につづくっ♪→




↓ポチッとして頂くと、ランキングが上がります♪
 いつも、応援ありがとうございます (*´ω`*)


FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ

web拍手 by FC2

category: えみりおの冒険

thread: FINAL FANTASY XIV - janre: オンラインゲーム

tb: 0   cm: 0

△top

空飛ぶ野菜でふっち♪ 

 


あ、どーもどーも♪「ハードラックとダンスっちまう男。」えみりおですー(=゚ω゚)ノ

yasaidehutti1 (1)

今日はですね、『異文化コミュニケーションの天才』えみりおさんの
本領を発揮するべく、シルフのお宿?に向かっておりやーす(*´ω`*)

というのもですね、俺ってば、例のごとくミンちゃんの呼び出しくらってさ。



一週間前、某SUNAの家―――。

yasaidehutti1 (2)

ミンちゃん 「emilioは『シルフ族』と『蛮神ラムウ』についてどの程度、知っているかしら?」

yasaidehutti1 (3)

なんですか?また蛮神問題ですか?(゜.゜)


いや、いいのよ? なんか今回は「話し合いで解決しようZE☆」みたいな流れだし、
他ならぬミンちゃんの頼みなら、えみりおさんどこでも行っちゃうんだけどさ・・・。

yasaidehutti1 (4)

・・・サソクレッド。お前はだまってろ(OvO)


yasaidehutti1 (5)

ミンちゃん「そうね。今回は黒衣森担当のイダパパリモ、それにemilioの3人で....


yasaidehutti1 (6)

チンチクリン おい!おまえ、こないだイダの着替えのぞいてただろ!!

エミリオえ?なんで知ってんの?(;゚Д゚)

yasaidehutti1 (7)

「あんな小細工バレバレだよ!それに双蛇党の女子寮からも苦情が来てるんだからな!!

yasaidehutti1 (8)

イダちゃん「ちょっと、エミくん。どーゆうことかなっ!?」

エミリオ「さーせん。マスクの下の素顔が見たかっただけというか、やっぱ全部見たかったというか...」


yasaidehutti1 (9)

・・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と、いうわけで、とーちゃーっく♪(´ε` )

yasaidehutti1 (10)

お?なんか想像してたのと違うけど、『シルフ族』かわええじゃーん?(´▽`)

yasaidehutti1 (11)

エミリオおっす!オラ、エミリオ。おまえ、えらいひと?(*´ω`*)

yasaidehutti1 (12)

ふっち「なんでふっち?『ごあいさつ』も出来ない子とは口をきいてあげないでふっち。( ̄へ ̄)」




ん?


・・・あ、やべやべ。踊りで挨拶するんだっけか?(*‘∀‘)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨晩、ホーレンソウの山小屋――。

yasaidehutti1 (13)

おっさん 「あいつらはさー。踊りで挨拶するんだよ。」

エミリオ 「ほえーw」

yasaidehutti1 (14)

おっさん 「まあ、ちょっと変わってるけど、気の良いやつらだから♪」

エミリオ 「うん。よゆーよゆー♪( ̄∇ ̄)」

yasaidehutti1 (15)

双蛇党員 「いや、驚きましたな。Estevez殿が蛮族との交渉事にも詳しいとは。
      何か彼らと誼を結ぶコツのようなものがあるのですか?」

エミリオ なになにー?wwプロの技聞いちゃうーー??(゚∀゚)

yasaidehutti1 (16)

エミリオ 「まあ、素人には分かりずらいと思うけど、きちんと相手の目を見て挨拶する事かな?(ドヤァ」

双蛇党員 「なるほどー。基本に立ち返れという事ですか?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ふたたび、現在―――。

yasaidehutti1 (17)

・・・・。

yasaidehutti1 (18)

ふっち 「・・・な、なんでふっち!?『おどし』のつもりなら・・・・;」

yasaidehutti1 (19)

ふっち (・・・・。き、キモイ・・・(@_@; )

yasaidehutti1 (20)

ふっち (??? と、とまった...??(°Д°;) )

yasaidehutti1 (21)

ふっち (ひい!Σ(*_*ノ)ノ!)

yasaidehutti1 (22)

ふっち ・・みてるみてる、こっち見てる・・・ッ!(@_@))

yasaidehutti1 (23)

ふっち(キモいキモいキモいキモい!!(*_*;)

yasaidehutti1 (24)

ふっち(ちかいちかいちかいちかい!!!(@_@;)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

yasaidehutti1 (25)

ふっち 「あ..えっと、丁寧なごあいさつ、ありがとうでふっち...。も、もう結構でふっち(*_*;;」

エミリオえ?ここからが良いところだよ?( ゚Д゚)」



ーーーーーーーーーーーーーーーー10分後ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


yasaidehutti1 (26)

エミリオ 「というわけでー。蛮神はこわいから絶対呼んじゃダメなんだ、うん。(*´▽`*)

ふっち 「・・・わ、わかったでふっち。長ちゃまが戻ったら、ちゃんと伝えるでふっち。(*_*;)」






??? 「・・・・。」





??? 「あの動き。それにあの目・・・。」



??? 「踊りだけで相手を威圧して、交渉を有利に進めるなんて」



yasaidehutti1 (27)

???エミリオ・・・!!・・・恐ろしい子ッ!!




↓ポチッとして頂くと、ランキングが上がります♪
 いつも、応援ありがとうございます (*´ω`*)


FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ

web拍手 by FC2

category: えみりおの冒険

thread: FINAL FANTASY XIV - janre: オンラインゲーム

tb: 0   cm: 2

△top

軍票とマイチョコボ♪ 

 


はい、どもどもー♪「みんなのミンちゃんも俺の嫁。」エミリオですー(=゚ω゚)ノ

今日はですね、念願だったマイチョコボを貰うため、
グランドカンパニー『黒渦団』の軍令部に来ておりやす。

マイチョコボ (1)

おねーさんと結婚したいであります! あとチョコボも欲しいであります!∠(*^0゚)

マイチョコボ (2)

ん? なんて?(*´ω`*)

マイチョコボ (3)

ゆんぴょう(゚ Д゚ )



てか『交換』なんて聞いてないんですけど?

マイチョコボ (4)

おかしくなーい? そもそも支給品とかってタダでくれるのが普通じゃねえのー?(。-`ω-)

マイチョコボ (5)

「で、おっさん、『ユンピョウ』はどこにいるのかね?(*´ω`*)」

マイチョコボ (6)

え? ユンピョウじゃねえぐんぴょう』? いや、知ってたよ?
 むしろ、最初から『ぐんぴょう』って言ってましたけど?(・ω・`)



ーーーーーーーーーーーーそんなこんなで1週間後ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


マイチョコボ (7)

見てみて―。軍票集めてきたー(∩´∀`)∩

マイチョコボ (8)

はやくっ、はやくっ♪((┌(。△。)┐))



というわけで、

マイチョコボ (9)

遂に『マイチョコボ』キターーーー!!(^O^)/

旅の幸運を祈って、名前はディアドラ』ちゃん♀にしやした(*´з`)


え?その名前は縁起が悪い

何言っちゃってんすか?俺ってば『ニュータイプ』だしかんけ―無いお?(゚∀゚)


マイチョコボ (10)

よし。まずはゆっくり...

マイチョコボ (11)

うん、いける。いける。

マイチョコボ (12)

ディアドラ、お前とならきっと、あの山の向こうだって...

マイチョコボ (13)

さあ、行こう。 俺達はになるんだ―――。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


マイチョコボ (14)

で、ディアドラさん? 気持ちよく全力疾走して貰ってるとこ申し訳ないんだけれども...



ディアドラさん?



マイチョコボ (15)

この先、ですけど?(; ・`ω´・)



マイチョコボ (16)

崖ですけどもぉ?(OvO)


マイチョコボ (17)


(;゚;Д;゚;)< あかん!この高さはアカンでぇええええ!!!



マイチョコボ (18)


――――――――ッ!!!!!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





そう、確かにあの時、俺達は――。




マイチョコボ (19)



いや、『』は―――。






マイチョコボ (20)

』になったんだ―――。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


マイチョコボ2 (1)

( ´;゚;∀;゚;)< ぃゃぁぁぁあああああああああああああ!!!




↓ポチッとして頂くと、ランキングが上がります♪
 いつも、応援ありがとうございます (*´ω`*)


FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ

web拍手 by FC2

category: えみりおの冒険

thread: FINAL FANTASY XIV - janre: オンラインゲーム

tb: 0   cm: 0

△top

牧場物語 その3(*´ω`*)  

 


というわけでよい子のお話を聞き終えたので、ここからは『大人な恋』の時間です(=゚ω゚)ノ

bokujyou3 (1)

エミリオ「やあ、どーもどーも。あなたのエミリオです(*´ω`*)」

ケーシャ「こんにちは冒険者さん。今日はどんなご用でしょうか?



・・・ん?

何このスーパー『他人行儀』な反応 (OvO)


bokujyou3 (3)

エミリオ「えっと俺、前にも来たんですけど・・ほら、こたろーがたまごの時に盗賊から助けたり(^ω^;)」

ケーシャ「こたろー?知らない子ですね。ごめんなさい、毎日いろんな冒険者さんが来るから・・・」

bokujyou3 (2)

エミリオ名前すら覚えられてねえとか・・・(T∇T)アハ、アハハハ・・

ケーシャ「どうかしました?大丈夫?(´・ω・)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

bokujyou3 (5)

ルクロ 「あ・・・エミリオさん、朝のお話なんですけど・・・」

エミリオ「おいおい、だいぶ話が違うみたいなんですけどー?どういうことかなー?(^~^#)」

bokujyou3 (6)

ルクロ 「あの後すぐ、本人に聞いてみたんですが、どうやら勘違いだったようです。すいません。」

エミリオ「なぜそれを早く言わねえ!?∑(#`皿´ ) ていうか、一日中そこ突っ立ってねえで動けや!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

帰り際――――。

bokujyou3 (7)

「じゃーな、こたろー。かしこくしとるんよ(*´ω`*)」

bokujyou3 (8)

「そこから先は修羅の道なんやで。お前なんかすぐに焼き鳥にされちゃうんだかんな?」

bokujyou3 (9)

こたろー? ・・・ついてくるなよ?(OvO)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぐりだにゃーの宿屋――――。

bokujyou3 (10)

・・? 勝手に連れて帰った? いや、本人の意志デスカラー(OvO)

あの修羅の門をくぐった時から、こたろーは一人のになったんやで(*´ω`*)




↓ポチッとして頂くと、ランキングが上がります♪
 いつも、応援ありがとうございます (*´ω`*)


FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ

web拍手 by FC2

category: えみりおの冒険

thread: FINAL FANTASY XIV - janre: オンラインゲーム

tb: 0   cm: 0

△top

Twitter

 

最近の記事ヽ(^o^)丿

 

最新コメント (*´▽`*)

 

カテゴリ的な?(´▽`)

 

カレンダー

 

月別アーナントカ (=゚ω゚)ノ

 

思ひで ぽろぽろ♪(´ε` )

 

RSSリンクの表示

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。